お ちく ぼ 姫 現代 語 訳。 落窪物語 「落窪(おちくぼ)の君(きみ)」現代語訳

堤中納言物語「虫愛づる姫君」の原文と現代語訳・解説・問題

おほかたの哀《あは》れは誰も知らずやと 身には習《なら》はぬ恋路《こひぢ》なりとも (この身に慣れない恋路だとしても、世間の愛情は誰も知らないことでしょう) 「もう夜も更けたので、早くお入りなさい」 姫君に促された玉水は泣きながら部屋の中に入り、月さえと一緒に姫君に添い伏した。 3 なほなほしき シク活用の形容詞「なほなほし」の連体形。 由なく御方々にもわたり給はず、かぐや姫の御もとにぞ、御文を書きて通はさせ給ふ。

1
中にも、「かは虫の、心深きさましたるこそ心にくけれ。 「せ給ひ」は二重尊敬で、「親王(八の宮)」に対する敬意。

『源氏物語』「薫と宇治の姫君」の現代語訳と重要な品詞の解説3

おほかた 【注13】、かくて女たち おはします 【注14】ことをば、 隠させ給ひ 【注15】、 なべて 【注16】の人に 知らせ奉らじ 【注17】と、 おぼし 【注18】 のたまはするなり 【注19】。

14
その日、少將は暮方に姿を表し、いつもより項垂れながら涙ぐみ、 姫はそのことを不思議に思い何があったのか、と尋ねれば 「お目にかかれるのも今日までとなりました。

【紫式部】源氏物語のあらすじ・現代語訳・品詞分解は?

方人(かたうど)と頼みきこゆれば、人の言ひふるしたるさまにとりなしたまふなめり」など、いみじうまめだちて怨じたまふを、(清少納言)「あな、あやし。

12
[現代語訳] 立っている天人たちは、その装束の美しさはこの世のものとも思えない。

『枕草子』の現代語訳:96

この御方にも、世に知られたる親ざまには、まづ思ひ聞こえ給ふべければ、さりともと、思し譲りけり。

13
意味は「やはり」。 今回は今物語の「かざしの姫君」の後半部分のげんだいごやくをお願いします。

作り物語『しぐれ』の

49 宿 木• 以上を踏まえて描き直した関係図は下記の通りとなります。

4
将来非難されないように、ちゃんと整理しておいて」「長年こうしてきたのだから、片付くのを持ったとしても時間はかからないだろう。 意味は「いらっしゃる」。

『竹取物語』の原文・現代語訳21

(姫君は)おおよその性質はしっかりしていて、 (弾くのが難しい)琴 きん、中国伝来の七弦の琴(こと))なども習わせる人があれば、とてもうまくなるだろうが、いったい誰が教えよう。 無常の來ることは、水火の攻むるよりも速かに、逃れがたきものを、その時老いたる親、いときなき子、君の恩、人の情、捨てがたしとて捨てざらんや。 かぐや姫もそこまで帝に思われると、さすがに情の篭った返歌を返すようになってきて、帝もまた季節の木々や草花を詠んだ素敵な歌をかぐや姫へと送り続けたのである。

8
かくおづる人をば、「けしからず、はうぞくなり。

『源氏物語』「薫と宇治の姫君」の現代語訳と重要な品詞の解説3

「言ふ」の謙譲語で、薫に対する敬意。

15
若き人々は、怖ぢ惑ひければ、男の童の、もの怖ぢせず、言ふかひなきを召し寄せて、箱の虫どもを取らせ、名を問ひ聞き、いま新しきには名をつけて、興じ給ふ。

徒然草の原文内容と現代語訳|兼好法師の生涯

』と言って、御輿を呼び寄せると、かぐや姫はぱっと姿を消して影になってしまった。

10