無碍 に する。 「無下」の意味と使い方!「無下にする」とは?「無碍」との違いも解説【類義語・対義語】|語彙力.com

歎異抄

{以上} とされ、 初めの四句は、法の王である阿弥陀仏の一法一道の〔なんまんだぶ〕の「」 名号法 によって衆生の生死を出ることを、次の四句では、三世諸仏はただこの一法を念じて平等の証果を得たという意である。

「融通無碍」の由来、華厳経とは? 出典: 華厳経とは、4世紀ごろに中央アジアで成立したといわれているお経のことです。

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

「 念仏」とは、南無阿弥陀仏を称えることですから、 「 念仏者」は南無阿弥陀仏と称えている人。 「むげ」と読みます。 一切諸仏身 唯是一法身。

9
四字熟語として以外にも、「融通」という二字熟語を頻繁に使うという方は少なからずいるのではないでしょうか。

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

ぜひ「無下」や「無碍」の意味を知って、正しく使っていきたいですね。 しかし、人間の闇がどれほど深いものであろうとも、朝日が夜の深い暗闇を打ち破るように、真実の智慧は人間の闇を破り、人間の問題を真に明らかにする大いなるはたらきとしてあるのだ。

したがって「無下にする」の「放っておく」と同じ意味を持った類語と言うことができます。 「無碍」とは、何ものにもさまたげられないということです。

無碍人

【例文】• 念仏するものはというからむつかしくなるので、これは念仏なるものはというのである。 人生の目的とは、私たちは何の為に生まれてきたのか、何の為に生きているのか、苦しくてもなぜ生きねばならないのか、ということです。 {已上} 一心一智慧なり。

() はたしてどんな意味なのでしょうか。

「無下」の意味と使い方!「無下にする」とは?「無碍」との違いも解説【類義語・対義語】|語彙力.com

「無下」の意味は、• 「 障礙」とは「 障」も「 礙」もさわり。 適切に使うためには、意味の違いを正しく知っておく必要があります。 ではその 無碍の一道とはどういう世界なのでしょうか。

9
仏教の中では「融通」という言葉は、別のものが融けあう事で双方が通い合い、助けあって、支え合うという他を思いやるという慈愛の心を指しているのです。

「むとく」ではありませんよ!「無碍」の読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

このように、阿弥陀仏によって絶対の幸福に救われた人は、大宇宙のすべてから敬われ、喜び守られるということです。 丁寧の接頭語「ご」がつく「ご考慮」や「ご配慮」に、敬語で相手に依頼する場合の「ください」を合わせて使います。 明達知見の者 ひと なり。

13
」 「融通」という言葉はよく使うという人でも、「融通無碍」はあまり使わないということが多いかもしれません。

「無碍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

人間は、色々なさわりによって苦しみを受けています。 また、「無下」と同じ読み方をする「無碍」は異なる意味を持つ言葉であるため、「無碍にする」と誤って使わないように注意しましょう。 。

16
無碍の文章・例文 例文1. おばけや一つ目小僧のことではなく、 「無碍の一道に出た?お前は間違っている!」などと、非難攻撃してくる人のことを言います。