エデン 零 式 2 層 マクロ。 【エデン再生編零式2層】『アンプリファイア』Akito式1マクロ

【エデン零式:共鳴2層】攻略マクロ&フィールドマーカー配置

おそらく「1A式」「1A南式」が当初わかれていた影響かと思いますが、現在は「1A南式」が多くなってきています。 通常PTで使用するマクロについては下記記事でまとめています。

16
玉は出現後、 一定時間経つと玉に一番近いプレイヤーに当たり爆発します。 この「フィアスストームは予兆の性質上 自分の正面に予兆が出ている時に異常に見えづらくなる性質があるので、どこに予兆が出ているか視認出来ない時はまず自分の正面に予兆が出ている事を疑い左右に動いてみましょう。

エデン零式 覚醒編マクロ(1~4層)

ボス基準で12時と1時方向を起点に、それぞれの組で時計反時計周りで最初に見つかったオーブを処理します。

14
また、塔踏みまでの猶予が短くミスが発生しやすいところも不安要素が残ります。 スイッチ後のタンクは他の人に当たらないような位置取りで受けましょう。

【FF14】エデン零式再生編2層の攻略|マクロ|ゲームエイト

インプロージョン(4連続) 影付きの口が光るか尻尾が光るかの「インプロージョン」を4回連続で繰り返します。 ボスにめり込んでると切れることがあるので安全に。

6
下のSSはしのしょーさんの動画をスクショしました。 どちらもボス直下安置の広範囲が発生するので、「業炎拳」発動時の円形「エラプション」で安置を潰さない様しっかりと離れましょう。

エデン零式 覚醒編マクロ(1~4層)

タンクとヒーラーは分かりやすいですが、DPSが非常に分かりづらいため3回目の風の玉の直線範囲が終わった時点である程度待機位置を決めておくとスムーズです。 現状マクロと差異がある場合はマクロの配置に従って頂けると幸いです。 イフリートのギミックは北西でこなしていると後の「バキュームスラッシュ」の際に移動しなくていいので便利です。

3
『暗黒天空』時の配置と「波動雲」への攻撃 『暗黒天空』は初期だと「波動雲」を確実に壊すため、近接がボスから最も遠い場所に配置されているマクロがありました。 MTは「ファイアスパーク」の後 すぐに中央へ走り火炎拳を受けるか、外周はすぐ発動しないので MT以外の人間が外周に膨らむように中央へ戻るとダメージを少なく出来ます。

【エデン再生編零式2層】アンプリファイア「しのしょー式」の事故理由について

2回目の塔踏みを基本散開で時計回りする• さらに近接をパネル奥に追いやると「波動雲」を壊した後に待機しなければならないロスやパネルリセットの際にボスを殴れない問題、 『闇の戦技』中に近接がボスに全く触れられない時間が発生するため推奨できません。 影の処理とギガスラッシュの処理の順番をしっかり頭に入れておきましょう。 さらに近接視点からいうと、MTが南にボスを引っ張ったら そのままの状態を維持してもらっていた方が方向指定が楽です(ボスが向きをコロコロ変えると方向指定ミスをしやすくなってしまうため)。

5
攻略部の一言 剣形態移行時と、狼形態移行時のギミックは 戦闘序盤はいいものの、後半はダメージを貰ったり、ノックバック無効を忘れたりすると全滅に繋がる場面が非常に多いです。

【エデン再生編零式2層】アンプリファイア「しのしょー式」の事故理由について

円範囲AoEを確認後に安置場所へ滑り込みます。

むしろボスを北に戻す動きが遅れて斜めを向いてしまい、『悦楽の手』が南北に出てしまうといった事故もありました。 『ヴォイドゲート・アンプリファイア』2回目塔処理中の事故 問題の事故が起こった処理は ボス周辺に出てくる2回目塔の時です。

【エデン再生編零式2層】『アンプリファイア』Akito式1マクロ

影の番号が3番のプレイヤーは頭割りに入らない 6 「影の王命」の詠唱が終わるまでに、各自8方向散開場所を意識してボスから少し離れる(タゲサの外側)、 「影の王命」詠唱後に背後から影が出現したら、中央に集まる。

今回は事故が起きたことと、理由についての考察ですが、またさらに詳しくわかったことがあれば追記していきます。

【FF14】エデン零式共鳴編2層の攻略丨マクロ|ゲームエイト

【準拠動画紹介】【FF14】エデン再生編零式2層 解説 全ロール対応【E10S Shadow Keeper Guide Supports all rolls】 マイスターアキト様. 鎖に繋がれていたペアの片側にエアーバンプが付き、マクロに記載があればその場所に従い散開し処理します。

5
影の王命の詠唱中は自身の影と近づきすぎないように注意 攻略部の一言 「影の王命」で背後に出現する影は近接が殴れるギリギリのラインで捨てても、影の前方範囲は回避可能。