中学 受験 わらう。 中学受験終了後に「死にたい」と葛藤――滑り止め不合格で、本命校を「受けさせなかった」母の自責(2020/02/22 19:00)|サイゾーウーマン

中学受験(本人・親) 人気ブログランキングとブログ検索

投稿日 2020 年 11 月 30 日 15:00:00 (中学受験) 「中学受験をわらう」は、ブログ村のランキングに参加しています。 おすすめのブログ 2019 というわけで、おすすめのブログをご紹介します! 中学受験!知識ゼロから合格へ こちらは、教育関係の編集者として働いていた現役のお母さんが書いているブログです! かなり詳しく、子育てのことや受験のことが書かれているので、 特に受験ママは参考になると思います! 中学受験の下書き こちらのブログの紹介は、「おっさんが中学受験について語ったり語らなかったりします。

13
その他、 難関ママになれなかった母親のイカれ発言や、 主力の生徒と切り捨てられる生徒の待遇の違い、 不合格になっても攻められなさそうな 聖母系ママを後回しにして クレームがやっかいな 悪魔系ママの要求を手厚くフォローする話など、 なんとも生々しすぎる小ネタの多いこと多いこと。

中学受験の塾講師から見る「ちょっとイカレた世界にいる親たち」

とても仲の良いママ友であっても、最終的に中学受験は家族でチーム一丸となって行うものなので、自分の子どもや家族に集中してください。

以降、2年目の現在まで、「黒い講師」の観察対象である数名の生徒たちの状況と、 「いかれた」親の様子が事細かに投稿されています。

中学受験に向き不向きの小学生の傾向!塾を辞めさせるタイミングも重要

客観的にみると面白い本音 中学受験って孤独 子育てをしていると、どうしてもでてくる親同士のからみ。 つかず離れずの距離を保ちたいですよね。

18
」 と塾に言われてしまえば、親も焦ると思います。

過熱化の中学受験、コロナで急激に冷え込む…2~3年後から「受験しない」傾向が本格化

その向こうに、 わらう、笑う、嗤う、嘲笑う、、 それぞれのわらい方をしている親の姿が想像できます。 そういう「勉強の仕方」を揺るぎなく身につけた生徒は、中学入学後も「自ら学習する力(=自己教育力)」を武器に実力をつけ、 次のステップ(=大学入試)に向けで飛躍することができるはずです。 それだけ、中学受験というのは、親も子供も精神的に正常な状態を保てなくなるものです。

。 のような発言も。

中学受験をわらうというサイト。面白いから読んでしまうけど、この黒い講師は人間的に好きになれませんね。

子どもには誰にも潜在能力があると信じている。 偏差値的には第1志望に及ばないけれど、公立中学との差を考えると第2志望・第3志望でも入学させたいのであれば中学受験は続行です。

3
根拠もなく、勝ちを盲信するあわれな子どもがいます。 子どもに先回りして話さないように気をつけている。

【中学受験、ママの声】 ママたちの声、いろいろ。まとめて、掲載しちゃいます。12月1日

過熱しすぎる中学受験、 子供を壊してしまう中学受験、 家庭崩壊につながる中学受験。 しかし、あくまで最終的なゴールはその先の大学または就職、スポーツ選手等かもしれません。

3
学校や塾などへ行く前、自分で持ち物などの準備や確認をするようにさせている。 。