ドクトル ジバゴ。 ドクトル・ジバゴ : 作品情報

ドクトル・ジバゴ|MOVIE WALKER PRESS

出発した汽車にユーリの姿はなかった。 幼い頃両親を失い、科学者グロメーコにひきとられた彼は、その家の娘トーニャ(ジェラルディン・チャップリン)を愛していた。

原作は、ソ連の作家が書いた大河小説。 まして、この作品は本当に久々の放映だった。

巨匠監督による「愛こそすべて」なスペクタクル巨編 『ドクトル・ジバゴ』|洋画専門チャンネル ザ・シネマ

ターニャに全てを語り終えたエフグラフは彼女にジバゴの詩集を贈り、困惑したターニャは恋人と共にひとまずその場を離れることにしました。 そしてこの大河ドラマを象徴するシーンとして、夜に革命団が町を行進するシーンと図書館でジバゴがラーラと再会するシーンを挙げたいと思います。 すごい映画体験だった。

15
なぜ、現実の不倫は許さないのにドラマの不倫はみんな大好きなのでしょう? 映画は主人公の視点で描かれます。

ドクトル・ジバゴのレビュー・感想・評価

コマロフスキーの腕を撃つが、殺す事は出来なかった。

17
「でも父とは、戦火の中ではぐれた」と言うトーニャにイエブグラフは「それは実の父ではなく、コマロフスキーだ。

ドクトル・ジバゴ|MOVIE WALKER PRESS

ひとつ言えるとしたら。 しかし、ターニャの手にはジバゴが母から受け継いでいたパラライカがあり、エフグラフはパラライカの名手だったジバゴを想い「血筋だな」とターニャを見送りました。

ラーラにはに傾倒する青年、パーシャという恋人がいたが、母のであるのコマロフスキーもまた、アメリアの娘であるラーラを狙っていた。

映画【ドクトル・ジバゴ】あらすじと観た感想。壮大な革命と不倫│天衣無縫に映画をつづる

パルチザンから逃れてベリキアに戻ってきたものの、しばらく離れ離れになっていた妻子も義父もいない。 汽車の停車中、事情聴取に呼び出されたユーリはパーシャと出会ったが、パーシャはラーラへの愛を失っており、ラーラがベリキノから遠くない、ユリアティン という街にいることも聞く。

日本文藝家協会会員。 いまは違う。

mikesphotos.ca: ドクトル・ジバゴ (字幕版)を観る

蛇蝎のように忌み嫌われ、憎まれながら、それでもラーラに執着するのは、コマロフスキーなりの愛の形なのかもしれない。 動乱や政治に打ち克つことができるのは、連綿とつづく血脈だけなのかもしれません。 エフグラフはダムの建築現場で働く若い娘(リタ・トゥシンハム)に出会った。

家の周囲に広がる雪原に狼が群れ、遠吠えを繰り返す中、黙々と紙にペンを走らせるジバゴの姿が痛々しくも美しい。