プリウス phv 中古。 プリウスPHV(トヨタ)の中古車

プリウスPHVが半額以下でプリウスよりおトク!? [中古車] All About

車を所有している人の年間走行距離は、約8,000㎞~10,000㎞だと言われています。 サイドエアバッグ• さらに、安全・安心装備を拡充した。

16
LEDイルミネーション付のリヤエンブレム、アルミホイール(センターオーナメント付)、クローム調加飾を施したサイドガーニッシュやアウトサイドドアハンドルなどを採用。 ですがプリウスPHVの新型の場合は、まずリアオーバーハングをプリウスより80ミリ延長するなどの対策で、荷室の高さを77ミリ上昇するにとどまっていますので、心配するほど大きな影響は出ないようになっているみたいです。

プリウスPHV S GRスポーツ(トヨタ)の中古車

EVモードで走行できる距離が長いので、近場に出かけるときはEVで足ります。 マニュアル MT• ディーラー車• 「値引き交渉ってムリ…」• さらに、暗い所での充電に便利なLED照明や充電状態を知らせるインジケーターを設置。 エクステリアには、走るための機能をストイックに追求した水平/垂直の「Functional MATRIX」グリル、ホワイト塗装+GRロゴ入りのブレーキキャリパー、専用エンブレムを採用。

18
デュアルモータードライブのおかげで、アクセルを踏み込んでもエンジンがかかることがなくなり、モーター2個分の力強い加速性能を発揮することができます。

プリウスPHV(トヨタ)の中古車

フロントコンソールトレイ内とラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントと、充電ポートに差し込んでドアや窓を閉じた状態でも車外への電源供給を可能とするヴィークルパワーコネクターをセットでオプション設定(「L」を除く)。

リフトアップ• 8万円 トヨタモビリティ東京 U-Car八王子店(旧:東京トヨペット)• プリウスの特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車(EV)らしい力強くスムーズな走りを実現した新型「プリウスPHV」。

プリウスPHV(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

そうなると、選択肢としてはハイブリッド車などが候補として浮上することもある程度予想は付いていました。 また『この店以外にも見る』と名言することで『頑張れば今日ウチで決めてくれそうだ』と思ってもらうのです。

ただ、このソーラー充電機能は、廉価なSかSナビパッケージにしか装着できないようなのです。

北海道 プリウスPHV(トヨタ)の中古車

本体 価格 252万円 支払総額 261. つまりPHVとの差は約34万円。

17
筆者の親戚や知人宅は、特に停電による社会生活が遮断された状態になり、復旧までには実に4日を要しました。 新型のリアハッチガラスは空気抵抗を抑えるために、中心部分がくぼんでいます。

プリウスPHV(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

一方で燃費はEVとハイブリッドの併用で61. ・登録月が、商談開始月からずれる場合• TV フルセグ• 10人~ ハンドル• 自動駐車システム• インテリアでは、助手席インストルメントパネルアッパー部や助手席前アッパーボックス部、フロントカップホルダー部にソフトパッド表皮を採用。 ローダウン• また新型PHVは定員が4名なのが特徴です。

急速充電機能が搭載 高速道路にある充電器は急速充電オンリーの場合が多く、また、通常充電は時間がかかるので、従来型プリウスPHVでは使用は考えられませんでした。 グレードは、「S」、「G」、「G レザーパッケージ」、ビジネスユースを狙いとし装備を厳選した「L」を設定。

中古の「プリウスPHV」で楽しすぎる充電ライフ!中古車選びのノウハウをお伝えします

AIS品質評価• 営業マンにとって『今日決めて欲しい』というアピールを最も効率よくできるのが値引きですので、この人は今日決める意志があると明確に伝わることが中古車選びの第一歩です。

3
40万円以下• 何よりも感謝されたのが、「携帯電話の充電」でした。 大容量リチウムイオン電池の搭載、プラグインハイブリッドシステムの効率化によりEV走行距離を60kmに拡大。

プリウスPHV(トヨタ)の中古車

まとめ プリウスPHVの中古車は安くて買いか? プリウスPHVの最大のメリットはEV走行ができるという点です。 プリウスの特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車(EV)らしい力強くスムーズな走りを実現した新型「プリウスPHV」。

CDナビ• プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 新型プリウスがほしい! でも、いざ買うとなると…• 価格帯• 1回のクルマでの移動は、往復で300kmを超えることも珍しくありません。