10 年 後に 食える 仕事 食え ない 仕事。 2020年には「なくなる仕事」の予想が衝撃的。キャリアを考える参考に。

2020年には「なくなる仕事」の予想が衝撃的。キャリアを考える参考に。

究極的に「一物一価」へと収れんしていくグローバル化によって、ブラックホールのように「重力の世界」へと引き込まれる仕事は着々と増えており、その流れやメカニズムを理解したうえで、自身の仕事を選び、進化させてもらいたい。 職業とグローバル化の関係、および「10年後に食える仕事とは何か」に関心のあるかたは、ぜひ、ご一読いただきたい。

2
これらは自動化に向かず、少なくとも10年というスパンでは代替されない仕事です。 もちろんこんな競争社会自体おかしなことではあるけど、完全にそこからドロップアウトしてしまえるほどの覚悟も術も今の自分にはない以上、とりあえずこの中で生き残っていかないと何にもならない。

【書評】AIに仕事を奪われるのか?10年後に食える仕事食えない仕事

差別化を図っているわけでは無く、自分の性格上どうしてもこうなってしまいます。

15
第六章は、日本人全体の雇用が10年後にどうなっているべきか、その全体像の政策提案だ。 ちなみに、著者の 渡邉正裕さんという方は、ニュースサイトの編集長であり、ジャーナリストだそうです。

『10年後に食える仕事食えない仕事』(渡邉正裕著)の感想。

直接的な理由ではなかったからなのですが、その理由とは、 近い将来、 機械にとって代わられる仕事、なくなる仕事と言われている仕事の中に、自分の職種が入っていたこと でした。 このゾーンは日本人メリットが最大限に生きる職業群であるため、国際競争の波にさらされる可能性が低い、もしくは、海外進出などしたとしても、その独自性が故に競争に勝ち残ることが出来る分野の仕事であるということです。

2
普通は、知っている業界や職業が限定されてしまうのだ。 自己啓発スキルを活かしてブラックなIT業界でありながら自由出勤であり、 会社での固定給・副業・資産運用併せて数千万ほどを維持しています。

『10年後に食える仕事、食えない仕事』(渡邉正裕)の感想(276レビュー)

第五章では、10年後の世界でどうやって食べていくべきかを、おおまかな職種別 (エンジニア、セールス、バックオフィス)に示す。 になります。

AIには人間の感情を読み取る能力はないため、この領域も代替されにくい。

『10年後に食える仕事 食えない仕事』という本を読み、AIの得意不得意について考えた。

カテゴリー• 人から仕事を奪う原因になっている供給過剰にどんどん陥ってきていることを肌で感じて、10年後、20年後ずっとこの仕事を続けられるのか、、、という不安が常にあったのです。

4
計11週の海外取材は完全に採算度外視で、1575円はお買い得。

10年後に食える仕事 食えない仕事 / AI、ロボット化で変わる職のカタチ

10年で1. わかりやすい例でいうと、Amazonの登場で街から 本屋が次々と消え去っています。

19
第四章に判定チャートを用意したので、ご自身の職業およびこれから目指す職業が、どのエリアに属するのかを確認するのに役立ててほしい。 「AIやロボットに仕事が奪われる?」と不安でいっぱいのあなた。