アルヴァ アアルト。 必見のフィンランドのモダニズム建築10選 — mikesphotos.ca

北欧から新しい建築の姿を模索した、建築界の巨匠「アルヴァ・アアルト」とは!?

フィンランドの陸上競技の全盛期は、1930年代でしたが、1952年にヘルシンキでオリンピックが開催され、ソ連が初めて参加した夏のオリンピックに世界が注目しました。 若い建築家夫婦のアイノとアルヴァ・アアルトはプライベート飛行機でヘルシンキのカタヤノッカ港を飛び立ちました。

18
彼の作品のなかでも、代表的なスポットをご紹介します。

アルヴァ・アールト

アールトの自宅兼事務所は、アルヴァの妻アイノの二人で設計し、1936年に完成しました。

12
最も影響力を持った20世紀の建築家の一人であり、建築評論家のジーグフリート・ギーディオンが「北欧の賢人」と例えたアルヴァ・アアルト(1898-1976)は、フィンランドのクオルタネに生まれました。 リビングルームの暖炉を囲むように、夫婦の寝室と子供部屋、ゲストルーム、バスルーム、ルーフテラスがあります。

アルヴァ・アールト

宮本和義[写真]齊藤哲也[文]、バナナブックス、2012年7月5日• そこから少なくともヴェローナ、パドヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェと旅は続きました。 映画「かもめ食堂」の舞台になったことでも有名になりました。

3
アルヴァ・アアルトとアイノのロマンスは、 さんの の中で描かれています。

アルヴァ・アアルトミュージアム

そしてお土産として持ち帰ったものの中には、アアルト建築のモチーフとなった物、また形、素材のアイデアとなったものなど驚くようなものもありました。 その活動はから、などの日用品のデザイン、までと多岐にわたる。

15
内部は、余計な音がたたないよう考慮された流し台、柔らかなカバーを被せたドアノブ、まぶしさを軽減した穏やかな照明、風を用いない暖房機能、心を明るくするカラフルな床などです。

北欧フィーカ|フィンランド・ヘルシンキの旅|アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルト。ふたりのアアルトを訪ねて。|Scandinavian fika.

実ははしごの上には隠し扉があって、2階のルーフテラスへと続いています。 アールトの家具 アールトのガラス器には、1937年のパリ博覧会に出品して世界的に有名になった アールト・ベース がある。 アルヴァ・アアルトのアトリエ では、いよいよアトリエを訪れましょう。

3
そこから降り注ぐ柔らかな自然の光。 その分野での最新の成果への理解を深め、国際的な仲間との関係を築く機会になりました。

必見のフィンランドのモダニズム建築10選 — mikesphotos.ca

類いまれな才能を開花させていったアイノは、1949年に病に倒れ、ムンキニエミの自邸で永遠の眠りにつきます。 同社から販売されているフィンランドの湖をモチーフにデザインされたフラワーベース「アアルト・ベース」は、あまりにも有名でMoMAのパーマネントコレクションにも選ばれている。

10
住宅街にひっそり佇む「アアルトアトリエ」 もともと自邸の脇に事務所を構えていたものの、大きなプロジェクトを獲得して手狭になったため、1955年、自邸より徒歩10分程度の場所にアトリエを新設しています。

【北欧 旅日記_Vol.1】「アルヴァ・アアルトのアトリエ」に行ってきました。|Re:CENO Mag

(ちなみに「アールト」はフィンランド語で「波」を意味する)これをさらに押し進めたのがフィンランド館(1937年)、フィンランド館(1939年)のうねる壁面や、マイレア邸での木材の使用であり、同時期にデザインされたアールト・ベースである。

4
もう一度、イタリアを旅したのです。 いったんは和睦を見るが、その後が勃発する。

Artek

バイヤーのなかむらです。 日本を訪れたことはないというアアルトですが、障子やふすまなどの日本の文化にインスピレーションを受けていたように思えます。

そして、こちらは、終盤に開発されていた手法。