Zoom レコーディング。 Zoomの録画方法は2つ!レコーディング機能の違いや共有方法も紹介

Zoomの録画機能(レコーディング)とは?保存先、ホスト以外など

Zoomではホストが各ゲスト(参加者)に録画の許可を出すことで録画が可能となります。 ホストは、その人に「レコーディングの許可」を与えます。 5.パソコンにレコーディングする方法 パソコンにレコーディングデータを保存すると、ミーティング終了と同時に記録データを生成します。

15
可能な限りZoom以外のアプリは終了させてください。

Zoomミーティングのレコーディング許可/禁止の方法

Youtubeに再度アップし直す手間を考えると、Zoomのまま見せたほうが楽ちんですね。

11
ローカル保存とクラウド保存の違いは保存先がどこになるのかという点です。

【Zoom講座】ホストにレコーディングの許可を取る方法とは?

Wifiではなく【有線LAN】を使用すると簡単にパケット損失を0%にできます。 すると、先ほどの撮影が動画ファイルに変換されます。 詳細な保存場所はトップ画面の「設定」から確認・指定可能です。

9
Zoomの録画保存先にクラウドをおすすめするわけ Zoomの録画データの保存先にクラウドがおすすめするのは以下のポイントからです。

超便利!Zoomのクラウドレコーディング

ローカル保存とは、パソコンのストレージ 保存領域 に直接保存する方法。 大切なクライアント、社内会議でレコーディングを行うことが出来なくなってしまうと大変です! 是非知っておきたい、Zoomの録画機能とは Zoomの一般的な使い方はオンラインミーティングですが、セミナーやオンラインサロンにも広く取り入れられています。

12
レコーディングは無料版でも有料版でも可能• 「クラウドの保存」を選択する• その状態からホストがブレイクアウトルームを開始し、共同ホストがルームの1つに入ると、「一時停止・停止」ボタンが「レコーディング」ボタンに戻ります。 基本的には共有中はスピーカーの顔だけ映っていればいいとは思います。

『Zoomのレコーディング(録画)方法について』2020年版Zoom使い方⑦(在宅ワークWEB会議システム)

Zoomのフォルダの中に日付フォルダがあります。 ファイルの保存先を選んで、保存 クラウドレコーディングの手順 <PC>• 最後に、実際にZoomで録画を行う方法や録画データを再生する方法などを確認してみましょう。 「このコンピューターにレコーディング」をクリックすると、すぐにレコーディングが始まります。

5
バックアップやフォルダ分けなど、手間がかからない ローカル保存だと、データの管理やバックアップなどもかなりの手間がかかることが予想されます。

画面共有で参加者の映像を表示させないようにレコーディングする方法

。 『Zoom』を初めて使用する場合は、アプリのダウンロードが始まります。

2
録画マークが点滅していたら、録画が無事に開始されている目印です! 撮影が終わったら、zoomを終了してください。 mp4」という動画ファイルを選択することで先ほどの撮影したものを確認することができます。

zoomで録画設定する際のポイントと、実際に録画した動画

振り返り用にと参加者からレコーディング許可を求められるケースもあります。 基本的には、録画を開始するホストの画面が「 ギャラリービュー」 参加者全員の顔が見える の場合はギャラリービューで録画され、「 スピーカービュー」の場合はスピーカービューで録画されます。 プラン別にローカル記録・クラウド記録が使える 無料プランでは ローカル記録 パソコン上に録画 のみ、ではローカル記録に加えて クラウド記録も選べます。

7
数時間のセミナだとかなり時間がかかります。