神田 明神 ホール。 神田明神

神田明神ホール Kanda Myojin Hall 〜神社敷地内のイベントホールMICE(東京)

年間(14世紀初頭)にが流行し、これが将門のであるとしてが行われ、2年()に当社のとされた。 2021年2月22日閲覧。 その後、に当時では珍しいで権現造を模して再建されたことから、(20年)のでは、境内にが落ちたにもかかわらず本殿・拝殿などは焼失を免れた。

14
神田明神周辺の駐車場は・・・ 神社より徒歩約5分 秋葉原UDXパーキング(800台収容・24時間営業・1日料金平日 2,000円) 秋葉原ダイビル駐車場(112台収容・営業時間7:00〜23:00・1日料金 2,000円). 上 3F にはVIP席・関係者席がありました。 祭礼の際にのへを渡御していたことから、この社名がある。

日本文化の新たな発信拠点となる神田明神文化交流館「EDOCCO」誕生|ウォーカープラス

演台、司会台、ホワイトボード、幕類あり• なので、ライブとして行く際は参拝客の方には迷惑のかからないようテンション上げていきましょう… 建物はガラス張りで、2階には正面にある階段から行けます。 「つなぐ」をキーワードに参拝者だけでなく、観光客や外国人など多様な人が集まり、交流し、発信していくことで、神社神道や日本がもつ文化の活性化を目指している。

【神社自己資金による記念の事業】 境内歩道全面舗装工事(平成29年既完成) 文化交流館の建設(平成30年12月完成) 鳳凰殿取り壊しによる正面参道の拡幅 地下道(社殿と文化交流館を結ぶ地下道復活) 社務所斎館用地の確保 手水舎移設工事と境内景観整備 【文化交流館概要】 ・地下一階地上四階建て 延床面積3800平方メートル(約1150坪) ・建築概要 地下 EDOCCO STUDIO 文化の間 EDOCCO STAGE 演舞の間 1階 神札所・昇殿参拝受付 EDOCCO SHOP みやげ小路 EDOCCO CAFE いなせ茶屋 2階 神田明神ホール(400席規模、スタンディング700名) 3階 神田明神ホール VIP専用ラウンジとVIP席 4階 斎館(予定)、屋上庭園. それまでに開催されるオリンピック・パラリンピックの折には、世界各地から来日されます。

神田明神

境内には他にの碑、、の碑など多くのやなどが存在する。 盆踊りまるごと情報 -盆まる-• 2015年の神田祭の際には作品とのコラボレーションによる授与品が販売された。 EDOCCO SHOP -IKIIKI- [ ]• 文化交流館「EDOCCO」のネーミングは、英語の「EDO Culture COmplex(江戸文化交流)」を略して、かつ「江戸っ子」とかけている。

この項目は、に関連した です。 商売繁昌の神様。

アクセス

- 神田・秋葉原地域を舞台にしたメディアミックス作品。 参考文献 [ ]• (明治7年)、がするにあたって、天皇が参拝する神社に逆臣である平将門が祀られているのはあるまじきこととされて、平将門が祭神から外され、代わりに少彦名命がのからされた。 2年(730年)鎮座。

14
『世界大百科事典』、。 神田明神監修『巫女さん作法入門』朝日新聞出版、2011年、 、ISBN-13: 978-4-02-250883-6。

神田明神、多用途イベントホール「EDOCCO(エドッコ)」12月15日開館。地下ではアイドルのライブも

商売や社運の祈願が可能な神社もある他、ビジネスのイベントなどに使用できるホールがある。 また旧准勅祭社の東京十社の一社である。 【写真を見る】最大着席約400名、スタンディング約700名収容の神田明神ホールはクールジャパンを牽引するホール 4階の「EDOCCO LOUGE」は、神田明神主催の行事のほか、文化伝承を目的とした企業や団体が利用できる多目的ラウンジとして使われる。

9
各階には()、()、()のアート作品が展示されている。 にはのとして崇敬された。

神田明神、多用途イベントホール「EDOCCO(エドッコ)」12月15日開館。地下ではアイドルのライブも

神田明神編著『神社のおしえ』、2015年、。 元は独立の神社であったが、昭和41年()、を解散して現在地に遷座し、神田明神の末社となった。 秋葉原電気街(10分):幅広いエレクトロニクス小売店が集まるアニメとゲームの聖地。

03-6672-6721 座席表 公式サイト. ガラス張りのホワイエには、横20mにおよぶ西陣織アートが見える 神田神社は、12月15日に「文化交流館『EDOCCO(エドッコ)』」を開業する。

神田明神ホールのアクセス・キャパ・座席・駐車場・スケジュール等の会場情報

連載40周年を記念して、自らがを初めとする8メートルの巨大を製作、永年奉納された。

14
平将門神に祈願すると勝負に勝つといわれる。

神田明神ホールのキャパ、見やすさやらライブへの心構え諸々。

近隣の『神田明神下みやび』、『ゆしま扇』、『人形町今半』に弁当をお願いするケースが多い。 その一端が、文化交流館「EDOCCO」開館に込められている。

平将門神霊はに遷されたが、後の(59年)になって本社祭神に復帰した。 チケットストリートは「ライブの感動を、すべての人へ」というミッションのもと、コンサート、ライブ、演劇、スポーツなど、興行チケットの安全な取引を仲介しています。

神田明神、多用途イベントホール「EDOCCO(エドッコ)」12月15日開館。地下ではアイドルのライブも

の江戸城築城後は城内にて祀られていたが、による8年()の江戸城の拡張の際に神田神社境内に遷座した。 ( 2011年9月) 摂末社 [ ]• 利用料金は小300円、大500円。 地下1階の「EDOCCO STUDIO」では、食事を楽しみながら伝統芸能をはじめとしたショーを見ることができる。

当時は山車が中心だったが、明治に入ると電線の普及等により山車の数は大幅に減少した。 BARカウンターあり BOOKING 利用日の1年前から受付を開始。