ãƒœã‚ą ãĻ。 ãƒœã‚ąãŽč‚˛ãĻæ–šīŊœãƒ¤ã‚ĩã‚ˇã‚¤ã‚¨ãƒŗã‚˛ã‚¤

ãƒœã‚ąãŽč‚˛ãĻæ–šīŊœãƒ¤ã‚ĩã‚ˇã‚¤ã‚¨ãƒŗã‚˛ã‚¤

ただし、圏とそれäģĨ外でがį•°ãĒるぎで、æŗ¨æ„ã€‚

6
こぎ時、åŖ頭でぎ指摘ぎäģ–ãĢã€ãƒœã‚ąãŽé ­ã‚„č‚Šã‚„čƒ¸ãŽåŊ“たりを、åšŗ手や手ぎį”˛ã‚„å°é“å…ˇã§åŠã„ãŸã‚Šã€č…°ã‚„å¤Ēč…ŋ、å°ģãĒãŠã‚’čš´ã‚‹å ´åˆãŒã‚ã‚‹ã€‚

ãƒœã‚ąãŽæœ¨ãŽč‚˛ãĻæ–šīŊœå‰Ē厚や植えæ›ŋえぎ時期ãƒģæ–šæŗ•ã¯īŧŸ

ã‚‚ã¨ã‚‚ã¨ãƒœã‚ąã¯ã€ããŽ とãŧã‘ã‚‹čĄŒį‚ēãĢよãŖãĻįŦ‘いをčĒ˜ã†ã“とが多かãŖたことから とãŧけåŊšã¨å‘ŧį§°ã•ã‚ŒãĻいた。 äŧ¸ãŗすぎた枝やį´°ããĻåŧąã€…しい枝は切りčŊとしãĻしぞãŖãĻかぞいぞせんが、それäģĨå¤–ãŽæžã¯č‘‰čŠŊをīŧ“čŠŊãģお掋しãĻ上を切るようãĢしぞしょう。 1枚ぎ写įœŸãŽä¸­ã§ãŒåˆãŖãĻいãĒい部分ぎこと。

ã¨é•ã„ã€æ•°å¤šããŽãƒœã‚ąã€ã‚ã‚‹ã„ã¯ã‚ŗãƒŗトį”¨ãŽãŒãĒいことを逆手ãĢ取ãŖãŸãƒœã‚ąã‚’å…Ĩれられるぎがį‰šåž´ã§ã‚る。

ãƒœã‚ąã¨ã¯ (ãƒœã‚ąã¨ã¯) [単čĒžč¨˜äē‹]

はæŧĢ才ぎį›´æŽĨįš„ãĒãƒĢãƒŧツはã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãĢあるとしãĻいる。

ãƒģæŖ˜įŠļãŽå°æžãŒã‚ã‚‹ãŸã‚æ‰ąã„ãĢはæŗ¨æ„ãŒåŋ…čĻ ã€ãƒœã‚ąãĢäŧŧãĻいる木】 ãƒģ クã‚ĩãƒœã‚ąã¯æ—ĨæœŦãĢ元からある在æĨį¨Žã§ã€åœ°ä¸‹ãŽæ šãĢよãŖãĻįšæŽ–する。

ã€Œãƒœã‚ąã¨ãƒ„ãƒƒã‚ŗãƒŸã€č‹ąčĒžã§ã¯ã€‡ã€‡ã¨ã„うīŧīŧŸæĩˇå¤–ぎおįŦ‘いäē‹æƒ…

ここで少しäŊ™čĢ‡īŧ 「あいつぞたバックãƒŦかよãƒŧ。 æ¸Šæš–åœ°ã§ã‚ˆãč‚˛ãĄã€å—éƒ¨ã§ã¯į¨ŽéĄžãŒé™åŽšã•ã‚Œã‚‹ã€‚

3
ãƒœã‚ąãŒé€˛čĄŒã™ã‚‹ã‚ŗãƒŗビとしãĻ、、、、、、、、į­‰ãŒã„る。

ãƒœã‚ą (植į‰Š)

ãƒŦãƒŗã‚ēãŽæå†™åŠ›ã‚’čŠ•äžĄã™ã‚‹éš›ã€ã—ã°ã—ã°ã€Œãƒœã‚ąå‘ŗã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒäŊŋわれる。 æˇąæ¤ãˆã—ãĒいようãĢ、植えįŠ´ã¯æĩ…めãĢしぞす。 åŽŸã¯ãƒœã‚ąãŽæ–šãŒã¯ã‚‹ã‹ãĢ大きい。

18
、、ãƒģ、ãĒãŠãŒčŠ˛åŊ“する。

ãƒœã‚ąã¨ã¯ (ãƒœã‚ąã¨ã¯) [単čĒžč¨˜äē‹]

1980åš´ãĢは、ぎį•Ēįĩ„『』や、ぎį•Ēįĩ„『』からがčĩˇã“り、、、、、、、、、ãĒおぎ中堅やč‹Ĩ手æŧĢ才å¸Ģがäēē気を集めた。 åē­æœ¨ãŽäģ–、é‰ĸ植えやį›†æ Ŋ、į”ŸåžŖãĒおãĢ刊į”¨ã•ã‚Œãžã™ã€‚ ぎ写įœŸã¯ãƒ—ãƒĒãƒŗãƒˆãŒč’ã‚Œã€æ§‹å›ŗがãļれ、写įœŸå…¨äŊ“ãŒãƒœã‚ąãĻいるもぎも少ãĒくãĒい。

しゃずくりæŧĢ才 æĨŊå™¨ã€æ­Œå”ąã‚’į”¨ã„ず、しゃずくりīŧˆīŧäŧščŠąīŧ‰ãŽãŋã§åą•é–‹ã™ã‚‹æŧĢ才。

ãƒœã‚ąã¨ã¯

æœŦæĨぎ意å‘ŗã¯ã€Œč¨˜æ†ļが鈍ること」「頭ぎ回čģĸがæ‚ĒくãĒること」 æĻ‚čĻ ãƒœã‚ąã¨ã¯ã€æœŦæĨã¯čĄ¨č¨˜ã§ã€Œæƒšã‘ã€ã€Œæšˆã‘ã€ãĒおと書き、「はãŖきりしãĒいこと」を意å‘ŗする。

4
č­°čĢ–はを参į…§ã—ãĻください。