複数 回 献血 クラブ。 「献血」ka☆zuのブログ | For a Better Tomorrow

ラブラッド会員 の利用方法とポイントについて詳しく!

20ポイントで交換できるので、 400ml献血を2回やるともれなくゲットできますよ(笑) なお、記念品の変更やポイントの変更の可能性もあるかもしれませんと説明がありました。 キャンペーン期間 平成26年4月1日(火)~5月31日(土) 入会をお申し込みの方に 献血会場で、期間中に複数回献血クラブに新規登録(仮登録)いただいた方に、記念品をプレゼントします。 ただし、福島第一原子力発電所における「作業従事者」のうち、事故発生からの被ばく線量の通算が100ミリシーベルトを超えた方につきましては、献血いただく方の健康への影響を考慮して、当面の間、最終被ばくの日から6カ月間は献血をご遠慮いただいております。

7
顔写真付クレジットカード• 6カ月以内にいれずみを入れた方は、肝炎などのウイルス感染の可能性が否定できませんので、献血をご遠慮いただいています。

ラブラッド会員 の利用方法とポイントについて詳しく!

また、血液センターから「献血のお願い」や「献血キャンペーン情報」などのメールが届きます。

20
約3日です 3日ですよ たった3日!! 2週間と3日えらい違いではありませんか、普通に病院等で血液検査しても1週間程度はかかりますよね。

献血にご協力ください!

(5) その他、日本赤十字社が不適当と判断した場合 第6条(登録情報の変更)• 全国にある常設献血ルームのweb予約が可能になります 予約なしで献血に行きますと待たされることが多いのため、予約をされた方が短い時間で献血を終わらせることができます• そのため安全が確認されるまでの間は、BSEが発生している下記の欧州諸国に滞在(居住)された方の献血をご遠慮いただいています。 過去の献血時の血液検査結果もWebで見ることができる 直前の献血時の血液検査結果のみならず、過去の献血時の血液検査結果もWebで参照できます。

18
なお、予防薬を服用した場合は、服用後3カ月間献血をご遠慮いただいています。

複数回献血クラブ「ラブラッド」会員ポイント交換キャンペーンの実施について|新着ニュース・プレスリリース・イベント|愛媛県赤十字血液センター|日本赤十字社

なお、過去に献血をしたことがあり、献血コードがわかっている場合は事前に新規会員登録を行うことができます。 第9条(ポイントの有効期限) ポイントの有効期限は、会員が最後に献血の受付をされた日から起算して396日後までとします。 トークン情報とは、会員を特定するためにTwitter・Facebookにより生成された情報であり、ID連携により本サイトに個人情報が提供されることはありません。

20
携帯電話やパソコンにてご登録いただいた方には、血液検査の結果をサイト内で確認することができ、各都道府県の血液センターから『献血のお願い』や『献血キャペーン情報』等のお知らせメールが届く等、この度の複数回献血クラブ会員専用の献血カード以外にもさまざまな特典をご用意しております。

複数回献血クラブ「ラブラッド」会員ポイント交換キャンペーンの実施について|新着ニュース・プレスリリース・イベント|愛媛県赤十字血液センター|日本赤十字社

いや~早い!素晴らし日本赤十字社さん、ありがとうございます。 献血の受付時に下記の結果通知を希望された方に、検査結果に異常を認めた場合、献血後1ヶ月以内に親展(書簡の郵便)にて知らせが届きます。

1
ラブラッドもたいがいですが。 ・ ・身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査 ・胸部エックス線検査 ・尿検査 ・検便 ・心電図検査 ・胃カメラ ・ このため、年に1回の定期健康診断に加え、年に2~3回の献血による血液検査と合わせて健康管理を行います。

「献血」ka☆zuのブログ | For a Better Tomorrow

4 「個人情報」とは、登録情報のうち氏名、郵便番号、住所、電話番号、生年月日、性別、職業、メールアドレス、献血履歴、検査結果等の情報で、個人を識別し、あるいは特定できる情報をいいます。 私が一番良いと思ったのが 「本日より献血にご協力いただけます」ってメールです これって、便利ですよ! 日常生活していると、すっかり献血の事は忘れてしまっていることもありますが、この「献血ご協力いただけます」メールで あっ、今日から献血いけるんだぁ~って気づきます!! これもラブラッドの愛称になってから、始まったことです。 使用機種の仕様等の確認が必要な場合は、携帯電話の販売元またはメーカー等へお問い合わせください。

3
その他の場合(友人同士などで安全ピンや針を共用して穴をあけた方など)は、エイズ、B型肝炎およびC型肝炎などのウイルスが血液を介して感染している可能性を考慮して、6カ月間献血をご遠慮いただいています。